自動車部品事例紹介

インドの自動車産業は、2018年に440万台となり、世界で4番目の市場規模となった。その中で、日系企業は、マルチスズキをはじめ、ホンダ、日産、トヨタなど市場で7割以上の販売シェアーを持っている。自動車部品メーカーは、これらの大手自動車メーカーへの供給する為多くインドに進出している。2019年、2020年は、自動車ローンやコロナの問題で市場はシュリンクしたが、将来的なポテンシャルは非常に大きいと考えられる。

インド法人設立。コンプライアンス

インドでのビジネスを取り込んでいくために、工場の建設も含めて現地法人設立サポートの実施。

JV

部品輸出などの取り引き関係のあるインド企業とJVを作りビジネスの拡大を図る。DDなどのサポートや法人設立のサポートを実施。

自動車部品

自動車部品事業の更なる拡大の為、提携先企業とのJVを作り事業拡大を図る。

プロジェクトオフィスの設置と税務申告業務

インドの交通環境改善の為、プロジェクトオフィスを作り、プロジェクトビジネスのサポート。

インド進出法人設立

工場設立土地の取得やDDの実施し、現地法人設立サポート。  

関連記事

  1. IT事例紹介

  2. 電気事例紹介

  3. 商社事例紹介

  4. 繊維事例紹介

  5. 総合事例紹介

  6. エネルギー事例紹介