金融事例紹介

近年、インド経済は堅調さを維持してきたが、金融機関の不良債権問題が深刻化し融資が絞られたため、直近では、個人消費と投資が押し下げられている。特にノンバンクの融資に大きく依存していた自動車販売や住宅販売が深刻な打撃を受けた。また、2020年はコロナの影響を大きく受けて停滞しているが、インドへの投資拡大がピークを過ぎ今後の経済成長が低下すると考えるのは早計であろう。不良債権やコロナの問題は一過性のもので、不良債権策の進展などでインフラ投資は再び拡大し、投資率の拡大につながると考えられる。

インド進出法人設立

ノンバンクの規制などを調査。現地法人設立のサポート実施

相談

金融機関とインドセミナーの実施

PANの取得、所得税確定申告の相談

インドの資金需要に対応する為のファイナンスを実行。その金利収入に対するコンプライアンス業務のサポート実施

リースによる資金援助のサポート

リースによるファイナンスのコンプライアンス対応    

関連記事

  1. 繊維事例紹介

  2. 商社事例紹介

  3. IT事例紹介

  4. 化学メーカー事例紹介

  5. エネルギー事例紹介

  6. 食品事例紹介