化学メーカー事例紹介

化学分野において、インドは既に、アジア第3の化学製品生産国である。また、生産高においては、世界6位。インド政府は、製造業強化に力を入れており、メイク・イン・インディア政策を推し進めて、インドでの化学製品の拡大を目指している。海外からの直接投資FDIについては、一部を除いて化学産業においても自動承認ルートとなっている。日本の化学メーカーは技術を持っており、インドのローカル企業は、JVなどの協力を望んでいる企業が多い。

閉鎖に伴う後処理、実際は休眠対応

インドビジネスは今後成長すると思われるが、すぐには立ち上がらなかったので、休眠を決定。時期を見て積極的に展開を図る。

インドメーカーの未払い債務の債務支払いの契約書の作成

インドの債権の回収の為、債権のリスケなど契約書の作成のサポートを実施。

コンプライアンス

現地法人の運営円滑化の為のコンプライアンス業務の実行。

化学品

インドビジネスのディストリビューター開拓などのサポートを実施。  

関連記事

  1. IT事例紹介

  2. 製紙事例紹介

  3. 食品事例紹介

  4. 金融事例紹介

  5. エネルギー事例紹介

  6. 繊維事例紹介