食品事例紹介

インドは、世界第2位の人口を持つ大国である。従って、食品業界は、市場規模の大きな業界である。半面、食文化においては、日本とかなり異なっている事が、インド市場の参入障壁となっていた。ただ、インド経済発展に伴い、食文化も徐々に多様化し始めており、健康に対する関心の高まりなどもあり、日本の食品会社のチャンスは今後拡大していくと考えられる。最近では、カレーチェーン店の進出もあり外食産業もインド進出を果たしている。

インド法人の設立

インドの食品流通メーカーと提携しJVを設立。その設立サポートを実施

インド現地法人の設立。税務申告業務

人口多いインド市場での食品事業を作っていくため現地法人を設立し運営。

関連記事

  1. 物流事例紹介

  2. エネルギー事例紹介

  3. 総合事例紹介

  4. 自動車部品事例紹介

  5. IT事例紹介

  6. 化学メーカー事例紹介